個別進学塾教匠平木のブログです

by kyosyo-hiraki

アサンプション国際高校の塾関係者対象説明会に行ってきました

 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。6月8日に、アサンプション国際高校の塾関係者対象説明会に行ってきました。
b0365993_19041030.jpg

 大阪府箕面市の聖母被昇天学院高校が大規模な学校改革に伴って学校名が変更され、2017年4月からアサンプション国際高校として新たにスタートします。そのアサンプション国際高校の学校改革について、私が気になった点を挙げていこうと思います。

・英語イマージョン教育
 “immerse”とは、「浸す」という意味。英語の授業だけでなく、数学や理科などの授業についてもネイティブ教員による英語の授業が展開され、文字通り英語漬けにすることで英語でのコミュニケーション能力の向上を図るというものです。語学の習得は、そればかりの環境に身を置くのが一番。古文単語も、周りがみんな平安貴族…のような環境があれば簡単に覚えられるのかもしれませんね(笑)

・指定校推薦枠
 アサンプション国際高校は、関西学院大学と協定校の関係を結んでおり、関西学院大学への指定校推薦枠が計19名。1学年の生徒数から考えると、約3分の1の生徒が関西学院大学に進学できる計算になります。関西学院大学に行きたい!という学生は、アサンプション国際高校も選択肢のひとつになるかと思います。

 他にも様々な改革が行われ、来年度から大きな変化を遂げるアサンプション国際高校。今後どうなっていくのか注目の学校のひとつです。

 Hiraki


by kyosyo-hiraki | 2016-06-14 10:00 | 高校情報