個別進学塾教匠平木のブログです

by kyosyo-hiraki

今週の和歌「春過ぎて夏来たるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」

 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。季節も徐々に夏に近づいてきており、汗が止まらない暑い日も増えてきました。そんな日が続く中、今回は次の和歌を紹介しようと思います。

 春過ぎて 夏来たるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山
(万葉集・巻一)

 「春が過ぎて夏が来たらしい。真っ白な衣服を干しているなぁ。天の香具山に。」といった意味になります。この和歌は、飛鳥時代の天皇である持統天皇が詠んだものです。


 持統天皇は、大化の改新を行った天智天皇(中大兄皇子)の娘で、その後の跡継ぎ争いである壬申の乱に勝利した天武天皇(大海人皇子)の妻でもあります。天武天皇の死後、その政策を引き継いで政治を行いました。その中でも藤原京への遷都が有名です。

 この和歌を「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほしてふ 天の香具山」と習った人もいると思います。これは、新古今和歌集にこの和歌が再度収録されたときに書かれたもので、元々の和歌と多少の違いが見られます。

 この和歌の文法的ポイントは「句切れ
句切れとは、結句(一番最後の句)以外で「。」を入れることのできる、意味の切れ目のことです。今回の和歌では、「春過ぎて 夏来たるらし『』白妙の 衣ほしたり『』天の香具山」と、二句目、四句目で区切れがあると考えられます。万葉集の和歌は、この和歌のように「五・七」のリズムで切る「五七調」という形式が多いです。

 中間考査も終わり、1か月後には期末考査もひかえています。様々な行事が重なって忙しい季節ですが、勉強も頑張っていきましょう。

 Hiraki


by kyosyo-hiraki | 2016-06-07 10:00 | 和歌