個別進学塾教匠平木のブログです

by kyosyo-hiraki
 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。7月も中旬に差し掛かり、今週は連日35℃近くの暑い日が続いています。外にいるときも、なるべく直射日光の当たらない日陰で過ごしたく感じますね。今回は、昔の人も同じ気持ちだったとわかる和歌を紹介します。

夏山の 影をしげみや 玉鉾の 道行き人も 立ちどまるらむ
(拾遺集130)

 「夏の山の木陰が生い茂っているので、道行く人も立ち止まっているのだろうか」というのが大まかな解釈です。現代と違って建物の少ない昔の人々にとって、木陰は絶好の休憩地点だったのでしょうね。ちなみにこの歌は、藤原定国という人物の四十の賀(40歳のお祝いの行事)で紀貫之が詠んだ歌で、「夏山の影」は繁栄の祝いの意味も込められています。

 この和歌の文法的ポイントは「らむ
「らむ」の形には以下の3種類の可能性があります。
① 現在推量の助動詞「らむ」
② 完了・存続の助動詞「り」の未然形+推量の助動詞「む」
③ 活用語(ラ行四段やラ変の動詞、形容詞など)の未然形+推量の助動詞「む」
これらは、直前の音に注目することで識別することができます。直前がウ段音であるならば①、エ段音であるならば②、それ以外であるならば③と判断できます。ただし、直前がウ段音やエ段音であっても、③である可能性もあります。(ラ行四段動詞「照る」+推量の助動詞「む」=「照らむ」など)その場合、「動詞(活用語)がどこまでか」を考えることで解決します。(「照」だけが動詞とは考えませんよね)

 これから夏本番を迎え暑い日が続くと思われますが、こまめに水分補給などをして、熱中症など、体調を崩さないように健康管理に気を付けましょう。

 Hiraki


[PR]
# by kyosyo-hiraki | 2018-07-11 10:00 | 和歌
 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。気候の方もすっかり暖かくなり、春になったばかりだと思っていたのに、もう夏を思わせるような気候になりつつあります。今回はそんな季節を詠んだ和歌を紹介します。

花鳥の あかぬ別れに 春暮れて 今朝よりむかふ 夏山の色
(玉葉集・夏・293)

「花や鳥との満足しない別れのうちに春が過ぎ去り、今朝から向き合っているのだ、夏の山の色に」というのが大まかな解釈になります。この和歌には詞書(和歌の題や詠まれた状況などを説明するために、和歌の前に書かれる文章)に、「首夏の心をよみ侍りける」とあります。「首夏」とは、旧暦四月のことを指し、大体現在の4月下旬から6月上旬ごろに当たります。ちょうど今ぐらいの時期ですね。作者は鎌倉時代後期の歌人、西園寺実兼です。

 初句に「花」「鳥」とありますが、みなさんはどんな花や鳥を想像しましたか?古文の世界では、季節にもよりますが「花」は大抵「桜」のことを示します。今回の和歌においても、春の「花」「鳥」との別れを詠んでいるので、「花」は「桜」、「鳥」は「うぐいす」あたりを示していると考えられます。これらのいかにも「春」な情景に対して、「夏山」から連想される青々とした木々。鮮やかな色彩の対比が目に浮かんでくる、気持ちの良い歌です。

 この和歌の文法的ポイントは「あかぬ」
カ行四段活用の動詞「あく」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形といった構造です。「あく」は、「十分満足する」という意味です。現代語の「あきる」の元になる語ですので混同しやすいですが、「あきる」は近代以降にできた語で、活用は上一段活用です。このイメージに引っ張られて「あく」を上二段活用と勘違いしてしまう人が多いので注意しましょう。「あく」以外に、上二段活用と間違えやすい四段活用の動詞は「足る」「借る」があります。まとめて四段活用として覚えておきましょう。

 ゴールデンウィークも終わり、あっという間に1学期中間考査の時期がやってきました。新学年最初の定期テスト、良いスタートダッシュができるように、万全の準備をして臨みましょう。

 Hiraki


[PR]
# by kyosyo-hiraki | 2018-05-09 10:00 | 和歌
 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。今週は非常に寒い日々が続いており、「早く春になってほしい」と1月ながらすでに感じています。防寒具や暖房器具の発達した現代においてもそうなのですから、平安時代だとなおさらその思いが強かったことと想像できます。今回は、その思いを歌った和歌を紹介します。

冬ながら 空より花の 散りくるは 雲のあなたは 春にやあるらむ
(古今集・巻6・冬歌)

 平安時代の歌人、清原深養父の和歌です。清原深養父は、『枕草子』で有名な清少納言の曽祖父にあたる人物です。和歌の内容は「冬なのに空から花が散ってくるなあ。雲の向こうは今ごろ春であるだろうか。」といった意味です。

 この和歌は、空から降ってくる雪を花に見立てて、花が咲き始める春に思いを馳せたものです。昔から日本人は雪を花にたとえた表現をよくしていました。(晴天時に降る雪は「風花」と呼ばれています。)春を待ち望む気持ちを感じる一方で、寒さが厳しい冬においても、風流心を忘れない平安時代の人々の心の余裕も見て取れます。

 この和歌の文法的ポイントは「
「に」は様々な可能性がありますが、今回は断定の助動詞「なり」の連用形です。断定の助動詞「なり」は体言や活用語の連体形に接続します。また、連用形の「に」は「に(助詞)あり」の形で使うことが多いため、覚えておきましょう。今回も「に/や(助詞)/ある/らむ」の形になっているため、「に」は断定の助動詞「なり」の連用形、と判断することができます。

 気候の変化が激しいと、その分体調を崩しやすくなります。入試も近づいたこの時期、体調管理は受験生が一番優先すべきことです。寒さや風邪の対策をしっかり行い、平安時代の人々に負けない心の余裕を持てるようになりましょう。

 Hiraki


[PR]
# by kyosyo-hiraki | 2018-01-25 10:00 | 和歌
 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。6月16日に、梅花高校の入試説明会に行ってきました。梅花高校は、大阪府豊中市の女子校。コースが多様で、標準コース、特進コース、国際コースといった他の学校でもよくあるものだけでなく、医療看護コース、こども保育コース、調理・製菓コース、舞台芸術コースといった専門的なコースもあります。では、今回の入試説明会で私が気になった点を挙げていこうと思います。

b0365993_13312011.jpg

・ベルリッツ英会話講座
 毎週土曜日に、英会話スクールのベルリッツから講師を招いて授業を行うという講座。ベルリッツとの連携は、大学だと近畿大学国際学部などが行っていますが、高校で行っているのは、西大和学園高校や高槻高校など、まだ一部の学校だけ。他の学校では受けられない授業、というのは大きな魅力のひとつですね。

・リベラルアーツ
 陶芸や造形デザイン、ダンスなど、様々な科目から自由に選ぶことができる、標準コースの選択授業です。梅花女子大学との高大連携授業が数多く設定されています。

 梅花高校は、梅花高校であることの強みを生かした取り組みが多く、将来のやりたいことがある程度定まっている人には、非常に良い環境ではないかと思います。

 Hiraki

[PR]
# by kyosyo-hiraki | 2016-06-22 10:00 | 高校情報
 こんにちは、個別進学塾教匠講師の平木です。6月8日に、アサンプション国際高校の塾関係者対象説明会に行ってきました。
b0365993_19041030.jpg

 大阪府箕面市の聖母被昇天学院高校が大規模な学校改革に伴って学校名が変更され、2017年4月からアサンプション国際高校として新たにスタートします。そのアサンプション国際高校の学校改革について、私が気になった点を挙げていこうと思います。

・英語イマージョン教育
 “immerse”とは、「浸す」という意味。英語の授業だけでなく、数学や理科などの授業についてもネイティブ教員による英語の授業が展開され、文字通り英語漬けにすることで英語でのコミュニケーション能力の向上を図るというものです。語学の習得は、そればかりの環境に身を置くのが一番。古文単語も、周りがみんな平安貴族…のような環境があれば簡単に覚えられるのかもしれませんね(笑)

・指定校推薦枠
 アサンプション国際高校は、関西学院大学と協定校の関係を結んでおり、関西学院大学への指定校推薦枠が計19名。1学年の生徒数から考えると、約3分の1の生徒が関西学院大学に進学できる計算になります。関西学院大学に行きたい!という学生は、アサンプション国際高校も選択肢のひとつになるかと思います。

 他にも様々な改革が行われ、来年度から大きな変化を遂げるアサンプション国際高校。今後どうなっていくのか注目の学校のひとつです。

 Hiraki


[PR]
# by kyosyo-hiraki | 2016-06-14 10:00 | 高校情報